Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/11/12

【予告】一部作品の公開停止について

先日ご連絡した電子書籍発売&公開停止の件ですが、10月上旬とか言っておきながらズルズルずれこみ、今ごろになってしまいました……。

時間はかかりましたが、電子書籍のデータも新サイトもほぼ完成しましたので、予告通り以下の三作品を公開停止とさせていただきます。
・『東京フラッパーガール』
・『R.I.P. -rest in peace-』
・『倫敦の悪魔』
以後は、冒頭のサンプル分10%程度+SS集のみの公開となります。
誠に勝手ながら、なにとぞご了承ください。

新サイトへの切替は1~2日のうちに完了させる予定です。
作業の都合上先に新サイトをアップするので、最初はKindleへのリンクが通じていないと思いますが、Amazonの審査が無事通って販売開始され次第、リンクを繋ぎ直しますので、よろしくお願いします。

それでは、これまで上記作品を読んでいただいた方、ありがとうございました。
書評サイト様などで紹介してくださっている方は、リンクを剥がしていただいてかまいません。
拙作を紹介していただき、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

2013/04/12

読んだよフォーム・コメント返信

長い間休眠状態でしたが、リハビリの成果が出てきたのか、ぼちぼち創作意欲が沸いてきました。
といってもいきなり新作の長編連載とはいかないので、既存の作品や短編などで筆(?)慣らしていきたいと思います。
やっぱり書かないとダメですねー。



そして、先日アップした『九段坂にて』を読んでくださった方より、コメントをいただきました!
ありがとうございます(´∀`*)
お返事は「続きを読む」にあります。

続きを読む ≫

2013/02/01

『R.I.P.』祐希&羽柴のイラストをいただきました!

オリジナル小説サイト『Lost_Genetix』管理人の立神勇樹さまより、拙作『R.I.P.』の祐希&羽柴のイラストをいただきました!
サイト→http://isag.sakura.ne.jp/isagi_t/
「お絵かきBBS」コンテンツに掲載されています。
制服……制服ですよ皆様!
そういえば彼らにも制服は支給されてるんでした(←忘れてた)。
普段は私服の刑事でも、当直時には制服を着るらしいですよ。
ふたりとも制服と言うことは……もしや……一緒に当ちょ(省略されました)。
かっこいいイラスト、本当にありがとうございました!



「小説家になろう」さんに転載している『プライドと偏見』も佳境に入ってきました。
誤字脱字や青空文庫向けの注記の消し忘れなどをチェックしているうちに、じわりじわりと熱が再燃しつつあったり。
SSなんぞを書けたらいいなあ。あわよくば続へ(省略されました)。

2013/01/28

Kindle fire HD Wi-Fi接続の巻(Wi2 300編)

あれ……もしかして。
年、明けてる?



…………。



はい、あらためてまして。
新年明けましておめでとうございます(開き直り)。

いやもう放置しすぎで申し訳ない。
どうしても気軽に入力できるTwitterがメインになりまして。



そんなわけで新年一発目の更新は、去年に引き続きKindleネタでお送りしたいと思います。

Kindleを入手して一ヶ月ちょい。
だいぶ使い方にも慣れてきました。
必要最低限のアプリも入れたし(これについては後日記事書きますね)、これからさらにおもちゃにしたい活用したいと考えています。

で、去年のネット接続の記事ですが。
最初は自宅でだけネットつながればいいわーと思ってましたが、やっぱり出先でも遊びたい調べ物をしたい時がありますよね。
そんなときにやっぱりネット環境があれば便利だよなーと考えるに至り、結局公衆無線LANサービスに申し込むことにしました。

私が申し込んだのは「Wi2 300」というとこ。
運営会社の(株)ワイヤ・アンド・ワイヤレスはKDDIの子会社にあたるらしいし、Wi-Fi機器設置店もガストやらスタバやら大手が多いので、まあ大丈夫でしょう。たぶん。
心配してたWi-Fiスポットもかなり多い。
130128_1.png
上は丸の内周辺ですが、多すぎて気持ち悪いくらい(笑)。
もちろん、私の行動範囲内にもたくさんスポットがありました。



月額380円で使い放題らしいので、ためしに申し込んでみることに。
ちなみにトップページの真ん中あたりにある「ビックカメラ オリジナルプラン」というリンクから申し込めば、最大2ヶ月間無料お試しできます(実は私もまだ無料期間中)。




申し込みが終わればすぐ使えます。
さあ、Kindle fire持ってお出かけだー!

とりあえず、代表的なスポットであるガストへ。
Kindle fireの画面を上から下にスワイプすると、設定と通知というメニューが出ます。
その中の「ワイヤレス」を選び、ネットワークの一覧を表示させます。
Wi2 300で使用できるSSIDはいくつかありますが、今回は比較的セキュリティ度が高いWi2premium_clubを選びます。
130128_2.png
タップすると入力画面が立ち上がるので、パスワードを入力。
パスワードは申し込み時にユーザーごとに発行され、Wi2 300のマイページからでも確認可能です。
パスが認証されると、いったん「接続済み」と出ます。



しかし問題はここから。
パスが認証されてもすぐには使えません(右上のWi-Fiアンテナマーク(?)に×がつきます)。
そこからさらにサインインを求められます。
130128_3.png



OKを押すと、Wi2 300のサイトのログイン画面へ飛ばされます。
130128_4.png
ここでもIDとパスワードを入れます。
ぶっちゃけ相当めんどくさい。



130128_5.png
ログインが成功して初めてネットに接続できます。
これを「手動接続」と呼ぶらしいです。
130128_6.png
お疲れさまでした。



いちおう公式でWi2 Connectという自動接続ツールが配布されてるんですが、Kindle fireは未対応らしいです(OKweb情報)。
インストールしたらどうなるか不安だったので、しばらくは毎回手動で接続してましたが、意外な方法で解決しました。



Wi2 300公式サイトのマイページ→MACアドレス登録をクリック。
するとMACアドレス(機器固有の番号ということらしい(適当)を入力する画面がでます。
ここにKindle fireのMACアドレスを入れます。
130128_7.png



アドレスの調べ方は、Kindle fireの上スワイプメニュー→その他→端末→概要とタップしていくと、「Wi-Fi MACアドレス」として表示されています。
130128_8.png



こうしてMACアドレスを登録しておくと、Wi-Fiスポットに入った時に自動で接続してくれるんです。
念のためさっきガストに行ってみましたが、勝手につながってました。
なんだよー、やればできるじゃん!



Kindle fire HDユーザーでWi2 300に加入している方は、MACアドレスを登録してみてください。
専用ツール無しで自動接続できるようになる……かもしれません。

あと言うまでもないことですが、いくら暗号化されているとはいえ所詮は公衆無線LANですので、セキュリティには十分気をつけてくださいね。
私はKindle fireには重要な情報を入れてないし、Kindle fire経由での買い物は自宅以外ではしないし、仮にのぞかれても「ああこいつ『小説家になろう』見てるな」程度の被害しかありませんけど(笑)。

2012/12/30

年末のごあいさつ

もう毎年のことですが、12/18は当サイトの開設記念日です。
当日にごあいさつできたためしがありません。まだ年内に気づいてただけマシというか。
そんなわけで、『籬の花』は無事7周年を迎えました。

今年の大きな出来事というと、やはり6月に開催されたアルファポリス様主催のドリーム小説大賞にて、拙作『東京フラッパーガール』で大賞をいただいたことでしょうか。
その節は、本当にありがとうございました。

その他には更新らしい更新もなく、沈没してる方が多かった当サイトですが、来年には再浮上&再始動したいと考えています。
よろしければまたいらしてくださると嬉しいです。



年末年始の予定としては、大晦日に実家帰省→元旦に帰宅、となっています。
その間拍手や読んだよフォームの返信ができませんので、よろしくお願いします。
Twitterは実家のパソコンや携帯から書き込みすると思います。

なろうさんの方は、これから『東京フラッパーガール』シリーズを連載してきます。年内はこれが最後。
続編の『上海オールドボーイ』は年明け早々に更新し、すぐに終わらせます。
『R.I.P.』はそれに輪を掛けて量が多いので、こちらも年明けの作業になります。

それではみなさま、よいお年を。

2012/12/27

Kindle Fire HD購入レポート(ネット小説閲覧編)

さて、今回はKindle Fire HDでのweb閲覧およびネット小説閲覧についてレポートしてみます。



まずは自サイトにアクセスしてみます。

だいぶ小さく表示されますが、とくにデザインの崩れ等はありません。
しかし、階層を下るにつれてだんだんおかしなことに……。
目次とか相当可哀想な状態。
121227_1.png

※ちょっとだけ画像大きくしてみました



で、本文ページに移動。
見本は背景画像が分かりやすい『プライドと偏見』にて。
121227_2.png

……いやあぁぁぁ!!
崩れてる、崩れてるわぁぁぁ!!(白目)



横向きにしたところ。
121227_3.png

文章は読めるけど、なんかちらりとのぞいてる……(泣)。



この状態にショックを受け、さっそく「小説家になろう」さんへ登録してきました。
Kindleでなろうさんにアクセスした結果がこちら。
121227_5.png

まだ『十六夜綺譚』しか登録してないので、お許しを。



横向き。
121227_6.png

おお、これは見やすい。
上の横向き画像はピンチアウト(拡大)していない状態です。
これならスタンドに立てかけて読むことも可能ですね。



しかし、これはあくまでWi-Fi接続環境にあり、ネットにアクセスできることが条件になっています。
では保存してオフラインで読むにはどうしたら?

てなわけで、とりあえず縦書きPDFをダウンロードしてみます。
ダウンロード自体は普通に出来ます。どこにファイルが保存されるのか分かりませんが(あかんやん)。
私はダウンロード完了通知から飛びました。完了した瞬間にしか使えない、一発勝負です。
さあ、張り切って開いてみましょう!



……おや?
121227_7.png

真っ白……。

気を取り直して、ページを繰ってみます。



本来なら本文1話目に当たる部分。
121227_8.png

…………。



読めないみたいです(号泣)。
ちなみにPCでダウンロードしたpdfファイルをKindleに送っても(私はDropboxを使ってます)、同様に見られません。PCではちゃんと表示されるのに。

おそらく、それ用のアプリを入れたら表示されるんでしょう。
けどあんまり詳しくないので、もうちょっと調べてみます。



そういえば、Kindleでは「えあ草紙」さんも表示されません。ぐぬぬ。
原因はKindleがFlash Playerに対応してないから(ニコニコ動画とかも見れないらしい)。
個人的にえあ草紙さんの表示が一番読みやすくて好きなので、KindleにはぜひFlash Player対応してもらいたいものです。



でもまあ、もともとは電子書籍専用端末なわけでして、ネット閲覧はおまけみたいなもんですし、多くを求めすぎるのが酷というもの。
仕事のスケジュール管理もして常時メールチェックして動画もサクサク見てスカイプで通話し放題……という方にはおすすめできないかも。そういう方は普通のタブレットやスマホ+Kindleアプリが向いてるんでしょう。
私は出先でも小説や青空文庫が読めて、ついでにちょっとネットできれば御の字というタイプなので、十分満足していますが。



てなわけで、私個人の感想としては、Kindle Fire HDを買ってよかったです。
これからいろいろ使ってみようと思います♪

2012/12/25

お久しぶりです&Kindle Fire HD購入レポート(一般使用編)

ものっそ放置しまくりで済みません;
ふと気づけば小説(SS除く)を書かなくなって一年経ってしまったことに気づき、愕然としております……。
一応プランは水面下で練っているので、来年こそは始動したいなあーと考えています。



前置きが長くなりましたが、とうとうKindle Fire HDを買ってしまいました!

最初はpaperwhiteで十分だと考えてたんですが、色々あってハイエンドモデルのFire HD・32GBにしました。
詳しいレビューや開梱レポは他の方々にまかせるとして、私はネット小説の閲覧に特化したレポートを書いてみたいと思います。

とかなんとか偉そうに書きましたが、ネット小説閲覧の環境がまだ整ってないので、取り急ぎ普通のレポートをば(意味ねえ)。



皆さんご存じでしょうが、外見はこんなんです↓

他のタブレットを触ったことがないので比較は出来ませんが、予想以上に薄くて小さいです。
でも片手で長時間持つのは辛いかも。

まずは電子書籍リーダーとしての実力を拝見。
上にあるスライドバーから「お買い物」を選ぶと、Kindleストアに飛びます。
言い忘れましたが、Wi-Fi環境が必要なので要注意。
接続速度は、ちょっぱやではないもののストレスを感じるほど遅くもない。まあ普通です。
電子書籍の品揃えは良い方だと思いますが、自分の欲しい本はあんまりなかったです……。
個人的な感想としては、万人向けするベストセラー&比較的若い世代向けの作家(伊坂幸太郎とか冲方丁とか)&大御所の名作が多め。でもラインナップにはまだまだムラがあります。



そんな中、引っ越しの際に手放してしまった京極夏彦の『巷説百物語』を見つけたので、買ってみました。
購入画面はこんな感じ。
121225_1.png
画像小さくて失礼。

ぶっちゃけ、値段はそれほど安くないです。
この本に関しては文庫版とは40円しか差がない。でもまあ、購入してすぐ読めるという利点は大きいですね。



購入した小説の本文画面はこちら。
121225_2.png

……ちっちゃすぎ! 読めねえ!
本文を一部切り取ってみました。実際はもっと小さく表示されますが。
121225_2_2.png

かなり綺麗です。フォントもすごくなめらか~。



青空文庫もたくさん揃っています。
「無料本」コーナーから選びます。
とりあえず、永井荷風の『墨東綺譚』を。
121225_3.png

有料電子書籍のラインナップが揃うまでは、しばらく青空のお世話になりそうです。



ついでに漫画も購入しました。
同じく行方不明になった、沙村広明の『おひっこし』。
121225_4.png
個人的には『涙のランチョン日記』の方がお気に入り。

書き込みの多い沙村氏の絵でも、かなり綺麗に表示されてます。
もう少しスッキリした絵柄の漫画なら、よりくっきり見えることでしょう。



おまけ。
Twitterの入力画面。
スマホに比べてキーボードが大きくて使いやすいw
121225_5.png



音楽再生も本格的。
121225_6.png

これはitunes store経由で購入した楽曲ですが(拡張子はm4a)、問題なく再生されます。
音もいいですよ。スピーカーと向き合うようにしないと(=裏返し)本領発揮されませんが。


そんなわけで、Kindle Fire HDの使用レポートでした。
次回はサイト閲覧&ネット小説閲覧についてレポしたいと思います。

2012/05/28

最近の話

最近めっきりブログの更新が減ってしまいましたね(人事か)。
原因は「書くことがない」というよりも「ブログの記事とするほどでもない」という方が正しいというか。
むしろ一言で済むTwitterの方がいいかも、と考え中。
独り言オンリーのチラシ裏になること必至ですけど。
てかまだ使い方がよく分かって(ry



あとは小説を全然書いてないので、ネタが空っぽ状態。
こんなに長期間小説を書いてないのは久々だなー。

実は来月の「ドリーム小説大賞」に合わせて、もう何年もいじっている吉原もの二作目を連載しようと考えていました。
結局間に合いませんでしたが。
今の路線ではラストがしっくりこないんですよね。
いっそガラッと変更してしまうか。
始めに思いついた路線で最初から最後まで押し通したのって、たぶん『無印R.I.P.』だけかも。
『ラファエルの憂鬱』や『東京フラッパーガール』なんて、最初から丸々書き直したし。

いちおうドリーム小説大賞に合わせて、『十六夜綺譚』と『東京フラッパーガール』のSSを1本ずつ更新する予定です。
『東京~』は2本になるかもですが。
どっちも過去に書きかけで放置してるので、やるやる詐欺にならない……と思います。



以下、コメント返信です。
※『R.I.P.』第二部について、ごく軽いネタバレがあります※

続きを読む ≫

2012/04/30

我が愛しきヴィクトリアン&アール・ヌーヴォー

こんにちは、ご無沙汰しています。
現在公開中の映画『ジョン・カーター』の冒頭部が1881年のニューヨークだと知り、それだけのために観に行こうかと考えている絵里衣です。
『風と共に去りぬ』等、南北戦争前後を舞台にしたアメリカ映画は多いんですが、19世紀末ってのはほとんどないので。
おかげで『倫敦の悪魔』執筆のときはイメージが沸かず、えらく苦労しました。



19世紀末アメリカというと、最近ようやく『スティール・ボール・ラン』(←リンク先は音量でかいので注意)を読破しました。
家長がジョジョ好きで家に全シリーズ揃ってるんですが、どうも自分とはノリが合わなくて未読でした……。
登場人物が皆エキセントリックな格好ですが、時代考証とかは意外と(失礼)忠実なんですね。

印象に残ったのは、12巻の最後らへんでルーシーが図書館から借りた本のうち、『密やかな午後』というエロ本(笑)。
その挿絵を一目見て「絶対Gerda Wegenerだッ!!」と確信したんですが、調べてみると年代が違いました(活躍時期は1920年代)。
どんな絵柄なのかは、「Gerda Wegener」で画像検索すると見れます。もしくはwikiのリンク先とか。※露骨なエロ絵も混じってるので、R18推奨。
この人の絵、可愛くて好きなんだよなー。ポスター欲しいなー。
そういえば、以前紹介したタマラ・ド・レンピッカも、このへんの時期の女流画家でしたね。
個人的にはレンピッカのアール・デコより、ゲルダのアール・ヌーヴォーの方が好みです。
特に絵画方面では。



てなわけで、いつの間にか19世紀末から1920年代萌えに話題が移行していますが、わたしは相変わらず元気です。
拍手くださった方々、読んだよボタン押してくださった方々、感想いただいた方々、本当にありがとうございます。
お返事は近いうちしますので、今日はこのへんで。すみません;

2012/03/11

買い換えました

パソコンを買い換えました。
最近ものすごく重いので、どうしたものかと思案していたところ、家長から「買ってよし」とのお言葉をいただきました。
日記の日付を見たら、まだ2年経ってないんですけど→当時の記事
でも手元に来た時点で中古だったからね……。
その点、今回は新品ですよ、新品。

最初は色などがカスタマイズできるVAIOにする予定だったんですが、好みの色が見つからなかったのでボツ。
個人的にCシリーズの蛍光っぷりには閉口ですよ……。
結局、hpになりました。
似たタイプのが2つあったんですが、最新CPU搭載&画面サイズが大きい方が15000円も安いという不思議価格だったので、そちらを購入。今のところ問題なしです(笑)。
以前使っていたのとキーボードの配置が微妙に違うので打ち間違いをよくしますが(バックスペースキーとコントロールキーが違う)、その内慣れると思います。思いたい。

OSもWindowsXPから7になりました。
まだ使い方をほとんど把握していませんが、気長にやっていきたいです。
壁紙のスライドショーがお気に入り。



以下、読んだよフォームの返信です。

続きを読む ≫

ホーム

HomeNext ≫

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。