Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/28

!!!!!

世間に疎いわたくしは、今のいままで知らなかったんですが。

安野モヨコの『さくらん』が映画化するんですってね。

アニメじゃなくて実写!(別にアニメがいかんわけじゃないけど)
なんて素敵なのブラボー! 待ってましたよわたくしは!
しかも公式ブログを見てみると、たいへんな豪華キャストであることが判明。
うちのサイトにいらして下さってる方は、当然『さくらん』はとっくに読了済みだと思うので(まだな人は本屋へゴー)、主要キャラを説明なしで羅列していくと……。

きよ葉:土屋アンナ
若菊:美波(誰? て人(←私だ)はここをクリック)
高野屋のご隠居:市川左團次
清次:安藤政信
女将:夏木マリ
高尾:木村佳乃
惣次郎:成宮寛貴
楼主:石橋蓮司
光信:永瀬正敏
粧ひ:菅野美穂
倉之助:椎名桔平
(順番はブログに登場した順です)

……いや、恐れ入りました。
なんといっても主役のアンナちゃん。いいよいいよ、絶品だよ! 『下妻物語』みたいにガラも悪く豪快に暴れて下せえ!
若菊役のコも、名前は知らなかったんですが顔を見ると納得。
粧ひ(これ原作では「しょうひ」てルビ振ってるけど、正しくは「よそおひ」ですよね……。松葉屋粧ひがモデルかな?)役の菅野美穂も、性格悪そうでいい!(←いや、大好きなんですよ(笑))

そして、個人的にツボったのが、高尾役の木村佳乃。
高尾って原作からして「持って生まれた器量より、手練手管でのし上がった」とあるから、きよ葉や粧ひみたいな華のある美人じゃないんですよね。ロンパースの描く絵柄でも、ふっくら気味の地味な容貌だし。
そんな高尾には、たしかに木村佳乃はぴったりかも。

男はわりとどっちでもいいんですが、密かに愛する椎名桔平ちゃんが出てるのでうれしいです。しかし倉之助って誰だっけ?
個人的に惣の字は、もっと朴訥とした人がよかったんですが。その方が惣次郎の残酷さが際立つと思いました。
それはそうと、三雲はどうしたの? まだ撮影に入ってないだけかな?
クールビューティーな人を頼みます!

肝心の監督は、写真家の蜷川実花らしいです。
初監督だそうなので、過度な期待はしないでおきます。
作品を見るかぎり、映像面では毒々しいほど絢爛になりそうなので、そこはたいへん楽しみですv
公開は来年春予定だそうですが、ぜんぜん待てません。ああ、楽しみすぎる!
そんなわけで、吉原熱が一気にヒートアップした絵里衣でした(笑)。
スポンサーサイト

2006/04/27

拍手返信

Mさま:
拍手ありがとうございます! これからもダンナと仲良くケンカしな(@トムとジェリー)状態でうまくやっていきたいと思いますv

もうそろそろ更新しないと。
えらいところで切れてますからね(笑)。

2006/04/26

一周年

きょうで結婚一周年です。早いなあ。
しかし特に夕食を豪華にすることもなく、フツーに肉じゃがにしてしまったので(笑)、せめてケーキでもと思いロールケーキを買ってきました。
なぜロールケーキかというと、夫婦してフルーツがあまり好きではないからです。
買ったのは『レーブドゥシェフ』というお店のメープルロールケーキで、まったく予備知識なしの飛び込み(?)だったので、少々不安でした。
しかしかなりアタリだったので、次からひいきにしようと思います。
てゆーか来年はどっかでお食事したいですウワーン(泣)。

最近の近況。
『日記が滞るときは、小説を書いているときです』
……近況と言っていいのか……?

2006/04/24

あらら

気がつけば一週間もごぶさたしてました。
その間いろいろやってました。
とりあえず、ダンナに『十六夜~』バナーを作ってもらったので、小説入口に貼り付けてみましたv

なにげにもうすぐ結婚一周年ですよ。
早いなあ……。

2006/04/18

誕生日でした

でもうれしくない……。

まあ、ここまできたら開き直ってしまいましたが(←何歳かバレバレ)。

2006/04/16

長崎の味

先日漫画喫茶で『トッキュー!』を読んだせいか、無性にチャンポンが食べたくなりました(作中でよく出てくる)。と言っても私はこの歳になるまでチャンポンを食べたことがないので、どんな味か分かりませんでした。
そんなわけで今日の晩ご飯はチャンポン。
野菜がたっぷり取れて美味しかったですv

……ひさびさの日記なのに、また夕飯ネタ……。
生活臭いっぱいですみません(笑)。

あと、カウンタが1000超えていました。
こんな辺境サイト(しかも更新は亀並)にいらしてくださって、本当にありがとうございますvv

2006/04/11

サザエさんinOSAKA

今日の晩ご飯はカレー。
我が家のカレーは、じゃがいもとにんじんをすりおろし、たまねぎを茶色くなるまで炒め、豚肉or鶏肉(牛は私がキライ)と一緒に煮込みます。

そんなわけで今日、雨の降る中買い物に行き、上機嫌で下ごしらえをすませたところで、ハタと気づきました。

ルー買い忘れた……orz

同じスーパーまで買いに行きましたよ、土砂降りの中……。



以上、リアルサザエさんレポートでした(意味不明)。
あ、肝心のカレーは美味しく出来上がりましたよ。

2006/04/09

お花見日和

今日はお日柄がよろしかったので、ダンナとお花見に行って来ました。
といっても当日に急に思い立ったので、お弁当とかは持たず。
桜之宮の大川沿いの桜並木を、ぶらぶらと。
満開の桜ももちろんきれいでしたが、我ら夫婦の興味を引いたのは、あちこちで宴会している集団のようす。会社の呑み会ありーの、明らかに合コンっぽいのもありーの。
みんな楽しそうでなにより(笑)。

そのあとは梅田で夕食を取り、以前行った200円バーの支店へ。
曽根崎にあるお店なんですが、入ってビックリ。
前に行ったお店よりも内装がずっときれい!
席数は少なくこじんまりとしていましたが、手入れが行き届いていて、これなら女の子を連れてきても大丈夫←オヤジみたいな発言。
入ってる雑居ビルもそれほどすさんだ感じ(笑)もなく、まあまあ。
また来ようねと、ダンナとふたりで話し合いました。

2006/04/08

登山大会

本日は恒例・腐女子会でした。
今回観に行ったのは『ブロークバック・マウンテン』。
まあ選んだ理由は推して計るべし(笑)。
内容ゆえにアカデミー作品賞を逃した、というのは聞いていましたが、ストーリーの予備知識はいっさい持たずに観ました。個人的にはまあまあかな。同行者は感激の嵐でしたが。
しかたないか、主人公の男ふたりじゃなくて、共演のアン・ハサウェイ(『プリティ・プリンセス』シリーズ)ばっかり見てたから。
個人的には、台湾出身でありながらオリエンタリズムを感じさせない作品に仕上げたアン・リー監督に拍手。純然たるアメリカ映画になってます。
この監督はほかに『グリーン・デスティニー』を観ただけですが、『グリーン~』からしてハリウッド寄りだったからなあ。ここまでいくと立派だと思います。

その後呑みに行き、時間のある人だけ以前行った駄菓子バーに案内しました。
皆年齢層が近いので、お菓子ひとつひとつに大興奮。
楽しかったですvv

拍手いただいた方、ありがとうございます!
これからもマイペースですが更新していきますので、よろしくお願いしますv

2006/04/07

BGM

小説を書くにあたり、自分が必要とするもの。

1)パソコン(当たり前)
2)BGM
3)静寂
4)ダイエットコカコーラ(別に何でもいいけどとにかく飲み物)

このうち2と3が思いっきり矛盾してます。
これはどういうことかというと、書いてる最中は無音でないと気が散るんですが、その前段階として日常生活から作品世界に切替えるのに、イメージしているBGMが必要になるのです。
なので、順番で言うと、

1)パソコンを立ち上げ、テキストファイルを開く
2)BGMを聞いて頭をリセットし、作品世界に入る準備をする
3)おもむろにすべての音を消して、書きはじめる
4)ときどきドリンクを飲む←4番じゃねえ

……となります。

先日書いた拍手お礼用刑事モノSSの時は、デスティニーズ・チャイルドのベストを聞きまくりました。特に『サヴァイヴァー』を。
はい、『アンフェア』の影響受けすぎです。むしろパク(略)。
しかし『十六夜綺譚』には、ずっとBGMはありませんでした。
理由は簡単、何が合うのか分からなかったんですね。とくに時代劇ファンというわけでもないので、どんなBGMが使われているのかも知らなかったし。
そんなわけで先日、とりあえず東儀秀樹の『雅楽(天・地・空~千年の悠雅~)』をレンタルしてきました。

……ちょっと荘厳すぎました。ね、眠くなる……!
よく考えなくても、筝曲とか三味線とかいろいろあるんだよね。すががきの存在を忘れてました(←遊郭モノ書いてるくせに)。
今度は大きいレンタルショップに行って、宮城道雄(筝曲家。『春の海』が有名)のアルバムでも借りてきます。
昔お琴を習っていたので、ちょっとだけなら知識があります(笑)。

関係ないこともないけど、今調べ物してたらこんなアルバムが!
……レンタル店にあるかなあ……。

2006/04/04

愚痴日記

毎日の夕食のレシピに頭を悩ませています。
もともと実家にいたころはまったくと言っていいほど家事をしなかったので、料理の腕には見事に自信がありません。
そこに加えて、ダンナが何気に好き嫌いをするので、けっこう困ります。

私も偏食は多いほうですが、キュウリ以外のものは一応食べようと思えば食べられるので、自分のことはこの際棚に上げときます(つーか作る側には食材を選ぶ権利があるのだ)。
ダンナが嫌いなものを考えていったら、だいたいにして「作る側にとって手間のかからないもの」であることに気がつきました。
ex.冷たいもの(サラダ全般とか和え物とか)・ぬるぬるしたもの(納豆とか山芋とか)・酸っぱいもの(酢の物とか)・生もの(刺身とか)……。
最近は開き直って、ハンバーグとか唐揚げとか肉じゃがとか(肉ばっか)、同じものばかりローテーションしてやってます。今のところ文句は出てません。
こうなるとますます料理下手に拍車がかかるわけですが。
お義母さまは料理上手なので、よけいへこみます……。

こうなったら料理を趣味にするしかないな。
いったん趣味にすると、とことんハマるので(←オタク気質のなせる業)。

2006/04/02

更新しました

『十六夜綺譚』第十六・十七話を更新しました。
このペースだとまだまだ終わりそうにないです……どうしよう(知らん)。
これからのストーリー展開的には飽きさせない内容になると思うので(多分……)、もう少しお付き合いくださると幸いです。

あと、トップの更新履歴から直接最新の小説に飛べるようにしました。
よろしくお願いします。

2006/04/01

大奥美男三千人

『大奥』読んできました。
吉宗公(♀)が凛々しくて男前で萌え! やっぱりかっこいい女性に弱いですvv
あ、水野もええ男ですな←取ってつけたような感想

『鋼の錬金術師』も本誌で追いかけたんですが、えらい展開になっててドキドキです。
ここでもリザ姐さんに萌えv

ホーム

Home

 

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。