Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/26

夏の京都 ~美味いもんとレトロビルを巡る~ その2

翌朝。
予約特典としてついてきた朝食チケットを手に、ホテル内の和食レストラン『蛍』へ。
実はこのホテルを選んだのは、口コミで和朝食が美味しいと評判だったからです。
ダンナさんはご飯、わたしはお粥をお願いしました。
写真は撮ってませんが、とても上品でおだしが効いたお膳でした。
ふつうに頼むと二千五百円するのも納得。
ほかにもビュッフェも選べたんですが、やはり和朝食の方が人気あるのか、ビュッフェレストランはやや空席が目立ちました。



早めにチェックアウトしたのち、毎度おなじみ烏丸御池駅へ。
向かう途中の信号待ちで、バスの中から素敵な教会を見つけたので撮ってもらいました。
080726_1.jpg
日本聖公会聖アグネス教会という名で、明治31(1898)年に平安女学院のチャペルとして建てられたそうです。
すぐ近所にも大丸ヴィラという古びた洋館もありました。



一日目と違い予定を立てていなかったので、とりあえず気になった京都国際マンガミュージアムへ。
現在開催中のイベントが目的だったんですが(敬愛する山岸涼子御大の生原が! 感激!)、どうやらこの建物自体が廃校になった龍池小学校をリノベーションしたもののよう。
かなり改装が進んで新しくなっているものの、確かに元小学校と言われればそんな意匠があちこちに。
展示物じゃなく建物の撮影もダメなのかよく分からなかったので、写真は遠慮しました。
そうそう、ここは500円の入場料を払えば時間無制限で漫画が読み放題みたいです。
こんなの近所にあれば通い詰めるのにー(笑)。



その後はまたもや烏丸界隈を散策。
昨日とは違うルートを歩いているうちにランチタイムになったので、偶然前を通りかかった京都市芸術センターに入ってみました。
080726_2.jpg
ここも元小学校をリノベーションしたもので、現在は「京都における芸術振興の拠点施設」(HPより)だそうです。
とりあえずおなかが減ったので、一階にある「マエダコーヒー明倫店」へGO。旧・明倫小学校なので明倫店です。
レトロ建築によくある高い天井に味のある曲げ木椅子。いいよいいよー。
こういう店ではやっぱレトロメニューを食わねば、てなわけで、わたしはナポリタン・ダンナさんはミートソースのパスタセットをそれぞれ注文しました。
このお店、とにかくコストパフォーマンスが抜群。
パスタセットはメインのほか、サラダ・ロールパン・ドリンク(選択範囲多め)がついてくるんですが、どれもかなり量がありました。
ドリンクなんてスタバのトールサイズ並ですよ。
お味の方も懐かしい感じでとても満足。
どうやら観光客はほとんど来ないらしく、近隣のOLさんや常連のオジさんオバさんが多かったです。
こんなの近所にあれば(以下略)。



お店を出た後、建物内を回ってみました。
080726_3.jpg

080726_4.jpg
旧・龍池小学校よりも「学校」としての意匠が色濃く残されており、芸術家に開放されているだけあって、どこまでも侵入できました。
談話室なんて黒板がそのまま残ってて、まさしく教室ですよ。たまらん。
080726_5.jpg

080726_6.jpg
窓もアーチが美しい。こんな学校、通いたかった……。



最後にJR京都伊勢丹でお土産を買い、帰宅。
神社・仏閣はほとんど見てませんが、代わりにかなりの数のレトロ建築を見られたので、結果的に大満足な旅でした。
しかし、妊娠8ヶ月+猛暑のダブルパンチはきつかった……(自分のせいですが)。
スポンサーサイト

2008/07/25

夏の京都 ~美味いもんとレトロビルを巡る~ その1

一泊二日で京都旅行へ行ってきました。



体調のこともあるし、あまり遠出をしない方がいいだろうと思って選んだ京都でしたが、暑さが尋常じゃありませんでした。
大阪の暑さに慣れている身ですら、真昼の散策は意識が飛びそうだったので、他県や外国からの人は相当こたえたのでは……と、いらない心配をしてしまいました。

ともかく、一日目。
昼前に京都駅に着き、そこから地下鉄で烏丸御池へ。
今回の旅はこの烏丸御池が中心になりました。
地上に上がったとたん、いきなり異様な建物が目に入りました。
080725_1.jpg
写真では分かりにくいんですが、デザインはまんまレトロビルなのに、まるで新築みたいなんです。
すごい違和感。見たときは正直、悪趣味だなあと思ってしまいました。
ちなみに帰宅してから調べてみると、それは旧・第一勧業銀行京都支店で明治39年竣工、わたしが見たのは最近建てられた精巧なレプリカだったそうです。
あー、違和感はこのせいか。
マニアとしては、レプリカよりはギリギリまで補修してほしかったです。
ちなみにこれは、知る人ぞ知る名建築家・辰野金吾による『辰野式』ですね。
東京駅や大阪市中央公会堂とかも同じ様式だったりします。

話は戻って、三条通りに入って歩いていくと、中京郵便局と京都文化博物館・別館にぶち当たりました。
これらはさっきのビルと違い、きちんと年月を経ているのが分かります。素敵!
博物館も辰野式なんですが、写真撮れてませんでした。残念。
中京郵便局は、外壁だけを残して中身は新しいそう。
080725_2.jpg
神戸のみなと元町駅なんかもこの手法で残されていますね。
ちなみに辰野式に似てますが、別の建築家の作品です。



すっかりテンションが上がったわたし(とダンナさん)が目指したのは、イノダコーヒ本店。「コーヒー」じゃないとこがミソらしいです。
口コミなどでは行列が出来ると書いてあったし、覚悟して行ったのですが、平日の昼直前ということもあってか満席ではありませんでした。
タバコを吸わない我らは旧館へ。
080725_3.jpg

080725_5.jpg
火災で焼失したので再建されたと聞きましたが、旧館は言われないと気付かないくらい自然に年月を経たような感じでした。
看板も以前使ってらしたのを再利用されたそうな。どうりで古いはず。

わたしは看板の「アラビアの真珠」とハンバーグサンド・ダンナさんはアイスカフェオーレと名物ビーフカツサンドをば。
080725_4.jpg
かなりガツンと来るボリュームで、たいへん美味しかったですv
「アラビアの真珠」はあらかじめミルクと砂糖が入れてくれるそうなので(いやなら別々にもできます)、お願いしました。
ブラックだとちょっと酸味がきついかも。わたしにはちょうどいいお味でした。
カップがレトロで素敵だったのに、撮り忘れました。カツサンドの左上にちょっとだけ映ってます。
二日目にまた立ち寄り、友人へのお土産を買いました。



昼食の後は烏丸周辺をブラブラと。
途中見つけた紙屋さん・鈴木松風堂へ涼みがてら入りました。
入り口のカエルがいい味出してます。
080725_6.jpg
そこでうちわやあぶらとり紙・京飴などのお土産を買い、そのまま南下して錦市場へ。
噂通り横幅が狭かったです(笑)。かき氷に心惹かれつつも、何も買わずに退散。
また烏丸御池駅に戻るべく、炎天下の中に出ました。



烏丸御池駅から今回お泊まりする京都ブライトンホテルへのシャトルバスに乗ってホテルへ。
ネット予約でリーズナブルなお値段だったので心配しましたが、なんのなんの素晴らしいホテルでした。
080725_7.jpg
ホテルと言えばコミケ遠征時のビジネスホテルばかりだったので、こういうきちんとしたホテルは慣れてなかったりします(笑)。
しばらく休んでから、今回の旅の最大目的である清水寺→地主神社へ。



わたしの身体が1.5人分なので、参道を行けるところ(七味屋さんとこ)までタクシーで上がってもらいました。
今回のメインはあくまで地主神社。清水寺は通るだけです。
080725_8.jpg
なんでかと言いますと、去年の年末にお参りしたときに何気なく「来年は赤ちゃんが出来ますように」とお願いしたところ、思ったより早く授かったのでお礼参りに来たかったから。
あの時神社にいた良縁祈願の若い娘さんたち、こんな感じで霊験あらたかだからきっと叶いますよ~。


帰りは三年坂を北へ降りました。
ここは混雑してないので楽でした。
お気に入りのベストショット(撮ったのはダンナさんですが←ほかの写真も全部)。
080725_9.jpg
時間があれば鍵善良房で葛切り食べたかったんですが、晩ご飯の予約時間が迫っていたので会社へのお土産を買ってからタクシーを拾ってまた烏丸御池へ。



晩ご飯は去年の年末と同じく、亀甲屋さん。
今度は看板だけですが写真撮ってきました!
080725_10.jpg
お肉大好きなダンナさんが頼んだ、豚の角煮と豚のしょうが焼きが絶品でしたv もちろんほかのも。
あー、お酒が飲めたらなあ……。



そんなわけで明日の予定がまったく白紙のまま、シャトルバスでホテルへ帰還。
まあ明日決めたらええかー。

2008/07/07

月記と化す

もはや日記とも週記とも言えない状態のマイサイトですが、元気にやっています。
相変わらず大阪は暑いです。
不快指数なら日本で五本の指に入るのではないかと思われます。



最近とんと漫画売り場に行かなくなったせいで、知らない間にいろいろ新刊が出ていました。
『なんて素敵にジャパネスク・人妻編』なんて、手持ちが四巻で止まってたのにいつの間にか六巻が出てたり。
買いに行かねば。




ついでに、ずいぶん前に連載がフェードアウトになっていた『悪魔の花嫁』の最新刊が出てて即買いしました。

最終巻が出たの、17年も前だよ……。
リアルタイムで追っかけてたわけじゃないけど、驚きのブランクですな。
『悪魔の~』の既刊は引っ越し時に処分してしまったので、もう一回プリンセスコミックスで集めなおしたいです。
愛蔵版は収録順番がメチャメチャなので。



今続きを待っているのは、『鋼』と『働きマン』ですが、『働きマン』って連載してるの?

ホーム

Home

 

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。