Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/27

ありがとうございます! -その3-

まだまだ寒くていやになります。
早くあったかくなってくれないものか……。

そんなわけで、今さらですが感想のお返事をば。
もう二週間も経ってしまってますが(汗)。

続きを読む ≫

スポンサーサイト

2010/03/21

ありがとうございます! -その2-

最近の楽しみは、ダイエットのための高温反復浴をした後、カロリー0のゼリーを食べることです。
おかげで2ヶ月半で4キロやせました。
目指せあとマイナス4キロ(←いったい現在何キロなのか、恐ろしくて言えません)。



そんなこんなで、えらく間が空いてしまいましたが、感想のお返事の続きをば。
休日前でないと集中して日記も書けません……ハア。
以下、コメント返信です(一部、ネタバレしてます)。

続きを読む ≫

2010/03/18

ようやく脱出

ようやく風邪引き地獄から抜け出せそうです。
でも吸引薬の服用を忘れるとせきがぶり返すので、まだまだ完治とは言えなかったり。

そんな中、家長がお腹の具合が悪いと言い出しました。
思えば、風邪引き地獄のはじまりは、わたしの胃腸風邪でした。
まさかの2ターン目!?



そんな中、『プライドと偏見』の感想をたくさんいただき、本当にありがとうございました!
返信不要の方の感想も、ありがたく拝読していますv
以下、返信OKの方宛のコメント返しです。

続きを読む ≫

2010/03/16

ありがとうございます!

『プライドと偏見』の感想、たくさんいただきありがとうございました!
何度かに分けて返信させていただきますね。
さー、後日談の執筆もがんばるぞ!

2010/03/13

『プライドと偏見』Final Stage更新&完結!

『プライドと偏見』Final Stage更新しました。
最後の伏線もめでたく回収でき(不意打ちの刺客も含め/笑)、これでおそらく張ったまま忘れてる伏線はない……と思います。

これで当作品は、無事完結することができました。
約五ヶ月間にわたりお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました!
よく映画なんかで「続編は一作目を越えることは出来ない」と言われるため、そうならないよう努めましたが、果たして成功したかどうか。
お気に召してもらえれば幸いです♪
よろしければ簡単な感想などをいただけると、一ヶ月近く引きずっている風邪が完治するくらいの勢いで舞い上がりますので(笑)、お待ちしておりますv




さて、今後の予定は。
とりあえず『プライド~』の番外編を書いた後は、今書きかけの吉原もの二作目の執筆に入るので、しばらく更新することはないと思います。
と言っても、吉原ものの下書きは半分以上できてるので、以前のように年単位で沈没することはないと思われます。
『十六夜~』に比べるとかなり人を選ぶ内容になっているので、好みに合わない方もいらっしゃるでしょうが、よろしくお願いいたします。

2010/03/10

『プライドと偏見』Vol.24更新

『プライドと偏見』Vol.24を更新しました。
一時間ほどフライングですが、まあいいですよね。

あー、とうとう次回で最終回ですね。
連載はじめた当初は、長すぎて途中でいやんなるんじゃないかと思ってましたが(笑)、なんとか続きました。
次回は今週末の予定です。
あとがき書かねば!

どうでもいいことですが、サイトバナーをそろそろ変更したいなあ。
途中で花魁バナーと刑事バナーを追加したとはいえ、もう何年もそのままなんで。
なんかいいバナー台ないかな。

すみません、ワイン飲みながらなので、なに書いてるか自分でも分かりません。
風邪が長引きすぎてムカツクので、自分で自分の身体をいじめるセルフSMモードに突入中です。
さー、もう寝よう。

2010/03/07

『R.I.P.Ⅱ』今後の更新のお知らせ

現在連載している『プライドと偏見』も、残すところあと二話となりました。
11月から連載を初めて早五ヶ月。あっという間でした。

今後の更新ですが、最終話の手前になる24話は通常どおり木曜日の日付が変わってすぐの予定です。
で、最終話は24話と連動しているので、翌週ではなく週末にするつもりです。
日付でいうと、24話が11日・最終話が13~14日でしょうか。
番外編はまだ書いてないので(……)、更新は未定です。そんなに遅くはならないと思うんですが。

そんなわけで、あと少しお付き合いくださいね(´∀`)



---------------------------------------------------------------------------------------------



さて、業務連絡はこのくらいで。

先日風邪で寝込んでいたところ、家長が無聊の慰めにと買ってきてくれたのが、江戸川乱歩の『パノラマ島綺譚』を丸尾末広氏が漫画化した単行本。
病身の妻に買って帰るようなモンでもないですが(笑)、こういうところが我が家らしいです。
江戸川乱歩は大好物ですが作品数が多いため、短編から攻めていって(それでもまだ半分くらい)長編はあまり手を付けていません。
だもんで、『パノラマ島綺譚』もまだ未読だったんですが、先に漫画から読んでしまいました。

結論。

やっぱり原作を先に読んでおかなければいけませんね。
いや、丸尾末広氏の漫画が悪いのではなく、むしろ類いまれなる傑作だったんです。
特に後半のパノラマ島の描写は、圧巻の一言。目がくらむようです。
だからこそ、先に原作を理解しておかないとこの素晴らしさがもったいない、と思いました。


同じ丸尾氏作画で、『芋虫』もあるようです。
個人的にはこっちが見たい! 『芋虫』は乱歩の短編で今のところもっとも好きな作品です。
ちなみに長編はベタですが『孤島の鬼』。





上記のような経緯があり、さっそく『パノラマ島綺譚』の文庫版を買うついでに、いっそのこと主な作品を集めてしまおうと考えたんですが、乱歩はあちこちの出版社からいろんなタイプの本が出てるので、いったいどこから買えばいいのか迷ってしまいました。
ちなみにうちにあるのは、
・春陽堂版『孤島の鬼』
・角川ホラー文庫版『孤島の鬼』
・同版『化人幻戯』
・同版『双生児』
このほか、引越のどさくさで無くしたか売っぱらったかした、 新潮文庫版『江戸川乱歩傑作選』があります。
『孤島の鬼』が二冊あるのは、わたしが重複して買っちゃったからです。
どんだけ好きなんって感じですね(笑)。

さて、現行で全集とされているのは、光文社から出ているやつなんですが、これは少年探偵団(すべて未読)も収録されてるんですよね。
しかし、これが他の作品とは別に少年探偵団だけまとめて収録されてればいいんですが、わりとごちゃ混ぜになってるみたいなのがネックです。
だって、少年探偵団と『防空壕』が一緒に収録されてるんですよ? わたしだったら絶対子どもには読ませたくないですって(笑)。
そんなわけで、残念ですが光文社版は除外。

春陽堂版は表紙も雰囲気があり、少年探偵団を除くほぼ全ての作品が読めるんですが、解説がない・一部改変がある、などの理由から涙を呑んで断念。
角川ホラー文庫版は読みやすく解説もあるんですが、あくまでも傑作選なので収録作品が不完全。
となると、残るは創元推理文庫版となります。
解説もあり、当時の挿絵もあり(これは大きい!)、かなり魅力的。
これは全集扱いじゃないんですが、コンプを目指さなければある程度は揃うみたいなので、現在のところもっとも候補に挙がっています。
二十冊全部集められるかは果てしなく謎ですが(笑)。
※以上のデータは「乱歩の世界」様を参考にしました。



同じような状態で、山岸涼子御大の作品集を集められずにいます。
下手に買うと重複しまくりで(泣)。
出版社の権利とかいろいろ絡んでるので、おそらく一気に集めるのは無理でしょうね。



あとは、ちくま文庫で夢野久作の全集を買うだけだな!
全十一巻!(笑)

2010/03/06

『ハルシオン・ランチ』感想

『無限の住人』の作者である沙村広明氏の新作コミックス『ハルシオン・ランチ』を読みました。
実はこの作品の存在を知らなかったんですが、先日たまたま書店で見かけ、中身も確かめずに購入。

……もうね、氏の頭ん中をこじ開けて見てみたいです(失礼)。
どうやったらこんな奇抜でエキセントリックで突拍子のないアイデア(褒め言葉)が出るんだろう。
それがまた確かなデッサンでやたら緻密に描かれるもんだから、そのギャップたるや(笑)。
ちなみにわたしは、ブラコンでツンデレでビッチと思いきや純情で貧乏くじ引きまくり(褒め言葉)のメタ子がお気に入りです。
登場人物みんな好きですけどね(笑)。
続きが非常に楽しみです。
そんなわけで、good!アフタヌーンが廃刊にならないことを祈ります。




いつも思うんですけど、やっぱり台詞廻しって重要ですね。
沙村氏もそうだし、わたしの持ってる中だと『鋼の錬金術師』の荒川弘氏もそうかと。
わたしは台詞廻しがすごく苦手なので、これからも精進したいです。



以下、拍手コメント返信です。

続きを読む ≫

2010/03/03

『プライドと偏見』Vol.23更新

『プライドと偏見』Vol.23を更新しました。
先週からの風邪がぶり返してきたので、ちょっと時間を繰り上げて更新。
かれこれ二週間は体調がすぐれないままです。もうかんべんしてくれ……。



今回の顛末は、賛否両論あるかもしれませんが、こういう展開がもっとも「らしい」かなーと考えました。
ある意味、二時間サスペンス調ですね(笑)。



そろそろ後日談を書かないと。
ちょうど吉原もの二作目が滞ってるから、書くなら今のうち。

ホーム

Home

 

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。