Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/06/26

魔風恋風

以前ミッションスクールに関して調べていたときに参考文献で知った、小杉天外の『魔風恋風』を読んでみたいとずっと思っていましたが、なかなか手に入らなくて(大阪屈指の図書館でも後編しかないという体たらく)、あきらめかけていました。
電子書籍ならかろうじてあるから、それを買うかなあ……と考えていたところ、たまたまよく利用するブックオフオンラインに中古で出ていたので、速攻購入。
値段も安かったし、相当昔の作品なので、よく図書館の書庫から出てくるようなボロボロなのを想像していました。



届いた本は、とてもよい状態でした。うちにある蔵書よりも綺麗なくらい(笑)。
読む前に奥付を確認。1951年初版で、今わたしが手にしているのは1999年の第10版でした。
うん、かなり新しいバージョンだな。
期待しながら開いてみたところ……。

よ、読めない……。

もともとのオリジナルが新聞に連載されたのが明治三十六年、岩波文庫から発売されたのが戦後の昭和二十六年(これが初版)。
どうやら、その初版を忠実に重版しているらしいです。
なので、旧字体&旧仮名遣いのオンパレード(振り仮名まで旧字……)。



ぬ、ぬかったわ……!
たまに古い作品を読むこともありましたが、いずれも新字体&現代仮名遣いに改められていたので、こうくるとは本当に予想外。
そういえば、唯一読んだことのある三島由紀夫の『春の雪』も、新潮文庫版では現代風に直されていたので、すらすら読めたっけ。
図書館でどっかの全集を見たら旧仮名遣い(さすがに漢字は新字体だった)でビビッた記憶があります。



個人的に、仮名遣いは慣れれば気にならないのですが、さすがに漢字はどうにも出来ません。
前後の文章で判断してなんとか読んでいますが……。
でも『戀』って感じは素敵ですよね。萌え(笑)。



以下、拍手&読んだよフォームお礼です。


かなり遅くなりましたが、拍手下さった方々、連打下さった方、そして読んだよボタンを押して下さった方々、本当にありがとうございました。
今現在は執筆より吸収の時期なので、書く書く言うてる諸作品が停滞していますが、そのうち浮上しますのでまたよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

2010/06/09

スキトキメキトキス

アルファポリス様主催の『第3回ミステリー小説大賞』に、『R.I.P.』と『倫敦の悪魔』をエントリーしてみました。
今までこの手のランキング(?)に参加したことがないので、かなりドキドキです。
正統派ミステリー好きな方々に怒られないか、今から不安です(自意識過剰?)。
うちの小説でもミステリーと名乗っても良いよ、という心の広い方がいらっしゃれば、投票してくださるとうれしいですv
期間は7/1~7/31まで、また開始したらブログ上で報告しますね。



で、『R.I.P.』の番外編なんですが……。
連載終了時からラブラブを期待される方が何人かいらっしゃったにも関わらず、甘さのかけらもない話を書いてしまったわけですが。
やはりたまにはラブラブした方がいいのだろうか……と、思う今日この頃。
いえね、あんまりラブラブした話だと羽柴のイメージが崩れそうで、つい避けてしまうんですよね。
だいいち、どんなシチュで書いたらいいのか、ラブに疎いのでイマイチ分かってなかったりします(笑)。
フツーにデートしてるような話でいいんでしょうか(←聞くし)。



そして、思いついたのが、10万ヒット記念。
最初はオールスターのセルフパロディにするつもりでしたが、うちの現在の読者さんは『R.I.P.』を読みに来てくださった方が多いでしょうから、思い切ってこの記念に当てたいと思います。
吉原ものや他のを読みに来てくださった方には申し訳ないですが(汗)。



ああ、でもシチュが思い浮かばないわ……。
ちょっとアンケートでも取ろうかしら(笑)。

2010/06/02

ありがとうございます!

『プライドと偏見』後日談の読んだよフォーム&拍手、たくさんいただきありがとうございました!
いろいろ考えすぎて更新を引き延ばしていたのが申し訳ないです。
せっかくなので、もう少し書いてみようかと思いました。
こないだフジの『刑事・鳴沢了 ~東京テロ、史上最悪の24時間~』を観て、矢田亜希子たんの女刑事姿に萌えまくったので(笑)、この炎が消えないうちに!

矢田ちゃんの女刑事役は、わたしが設定している祐希のビジュアルにわりと近いです。
実際は別の女優さんをイメージしてるんですが、その方はあまりテレビドラマには出演しないので、スーツ姿を見るのはまあ無理でしょうね。
でも矢田ちゃんも好き! いろいろとがんばって!(←何を?)

あ、坂口憲二の刑事役もよかったですよ?(付け足し感丸出し)



以下、読んだよフォームの返信です。

続きを読む ≫

2010/06/01

『プライドと偏見』後日談 更新

『プライドと偏見』後日談を更新しました。
なんだかんだでズルズル引き延ばしてきましたが、これ以上手を加える部分もないので、アップすることにしました。
しかし、メモ帳で下書きしてたときはすごく短い話だと思ったけど、実際は5000文字越えてました。
本編が長すぎたからなー(笑)。

本編を書いていたときからこの後日談にすることは決定していましたが、なんか無難すぎですね。
ほかに、「(祐希の代わりに四係に配属された)本多くんバージョン」やら「大迫さんバージョン」やら「祐希妹・明日香バージョン」やらが候補にあったんですが、とりあえず保留で。
てか、本多くんなんて名前まで決めてあげたのに、結局出せないまんまだわ……。



まこっちゃんの「賭けてもいいよ」は、本当は「このカシオミニを賭けてもいい」にしたかったんですが、元ネタが通じなければただの唐突な台詞なので(笑)、やめときました。
ピンときた方は同年代とお察しします(・∀・)ニヤニヤ

ホーム

Home

 

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。