Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/30

我が愛しきヴィクトリアン&アール・ヌーヴォー

こんにちは、ご無沙汰しています。
現在公開中の映画『ジョン・カーター』の冒頭部が1881年のニューヨークだと知り、それだけのために観に行こうかと考えている絵里衣です。
『風と共に去りぬ』等、南北戦争前後を舞台にしたアメリカ映画は多いんですが、19世紀末ってのはほとんどないので。
おかげで『倫敦の悪魔』執筆のときはイメージが沸かず、えらく苦労しました。



19世紀末アメリカというと、最近ようやく『スティール・ボール・ラン』(←リンク先は音量でかいので注意)を読破しました。
家長がジョジョ好きで家に全シリーズ揃ってるんですが、どうも自分とはノリが合わなくて未読でした……。
登場人物が皆エキセントリックな格好ですが、時代考証とかは意外と(失礼)忠実なんですね。

印象に残ったのは、12巻の最後らへんでルーシーが図書館から借りた本のうち、『密やかな午後』というエロ本(笑)。
その挿絵を一目見て「絶対Gerda Wegenerだッ!!」と確信したんですが、調べてみると年代が違いました(活躍時期は1920年代)。
どんな絵柄なのかは、「Gerda Wegener」で画像検索すると見れます。もしくはwikiのリンク先とか。※露骨なエロ絵も混じってるので、R18推奨。
この人の絵、可愛くて好きなんだよなー。ポスター欲しいなー。
そういえば、以前紹介したタマラ・ド・レンピッカも、このへんの時期の女流画家でしたね。
個人的にはレンピッカのアール・デコより、ゲルダのアール・ヌーヴォーの方が好みです。
特に絵画方面では。



てなわけで、いつの間にか19世紀末から1920年代萌えに話題が移行していますが、わたしは相変わらず元気です。
拍手くださった方々、読んだよボタン押してくださった方々、感想いただいた方々、本当にありがとうございます。
お返事は近いうちしますので、今日はこのへんで。すみません;
スポンサーサイト

2012/04/01

4/1・エイプリルフール

久々の更新がこれだけってどうなん。
そんなわけで、2012年度のエイプリルフールですよ。
『東京~』シリーズが完結して以来、まともな更新ができていなかったので、 多少のネタになればと。
もちろん告知は大ウソです(笑)。

今後もしばらく沈没状態が続きますが、再浮上した折にはあちこちでお知らせするので、またよろしくお願いします。

ホーム

Home

 

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。