Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/12/30

年末のごあいさつ

もう毎年のことですが、12/18は当サイトの開設記念日です。
当日にごあいさつできたためしがありません。まだ年内に気づいてただけマシというか。
そんなわけで、『籬の花』は無事7周年を迎えました。

今年の大きな出来事というと、やはり6月に開催されたアルファポリス様主催のドリーム小説大賞にて、拙作『東京フラッパーガール』で大賞をいただいたことでしょうか。
その節は、本当にありがとうございました。

その他には更新らしい更新もなく、沈没してる方が多かった当サイトですが、来年には再浮上&再始動したいと考えています。
よろしければまたいらしてくださると嬉しいです。



年末年始の予定としては、大晦日に実家帰省→元旦に帰宅、となっています。
その間拍手や読んだよフォームの返信ができませんので、よろしくお願いします。
Twitterは実家のパソコンや携帯から書き込みすると思います。

なろうさんの方は、これから『東京フラッパーガール』シリーズを連載してきます。年内はこれが最後。
続編の『上海オールドボーイ』は年明け早々に更新し、すぐに終わらせます。
『R.I.P.』はそれに輪を掛けて量が多いので、こちらも年明けの作業になります。

それではみなさま、よいお年を。
スポンサーサイト

2012/12/28

「小説家になろう」様へ登録しました

小説投稿サイト「小説家になろう」様へ登録しました。

以前よりうちの小説は、携帯やスマホなどPC以外からの閲覧では読みにくいなあ……と感じていました。
暫定的にサイト入口に携帯サイト簡易変換のリンクも張っていましたが、先日Kindleでアクセスしたところ目も当てられない惨状だったので(笑)、環境を選ばない「小説家になろう」様に作品を転載することにしました。

小説目次ページと各作品個別目次それぞれにリンクを張っていますので、携帯・スマホ・タブレット等からいらした方はぜひそちらにいらしてください。
少なくともレイアウト的には、うちのサイトより何倍も読みやすいはずです。
肝心の話の内容は……まあアレですが(何?)。

基本的に発表が古い順にアップしています。
12/28現在では『十六夜綺譚』『ラファエルの憂鬱』を全文転載済み。
今後は『倫敦の悪魔』→『キューピッド』→『東京フラッパーガール』→『R.I.P.』の順にアップする予定です。
なんで『R.I.P.』が最後なのかというと、単純に一番話が長くて作業が面倒だからです(笑)。



そういえば、作業していてはじめて気づいたんですが、「小説家になろう」さんってルビ振れるんですね。
いつもfirefoxでアクセスするので、どの作品を読んでもルビが括弧内に表示されてて、その状態を当たり前に受け止めていました。
作者としてはうれしいけど、あんまりルビだらけだと行間が変になるので、『十六夜~』なんかはだいぶ削りました。
禿(かむろ)とか敵娼(あいかた)とか、専門用語っぽいものだけは残しましたけど。

2012/12/27

Kindle Fire HD購入レポート(ネット小説閲覧編)

さて、今回はKindle Fire HDでのweb閲覧およびネット小説閲覧についてレポートしてみます。



まずは自サイトにアクセスしてみます。

だいぶ小さく表示されますが、とくにデザインの崩れ等はありません。
しかし、階層を下るにつれてだんだんおかしなことに……。
目次とか相当可哀想な状態。
121227_1.png

※ちょっとだけ画像大きくしてみました



で、本文ページに移動。
見本は背景画像が分かりやすい『プライドと偏見』にて。
121227_2.png

……いやあぁぁぁ!!
崩れてる、崩れてるわぁぁぁ!!(白目)



横向きにしたところ。
121227_3.png

文章は読めるけど、なんかちらりとのぞいてる……(泣)。



この状態にショックを受け、さっそく「小説家になろう」さんへ登録してきました。
Kindleでなろうさんにアクセスした結果がこちら。
121227_5.png

まだ『十六夜綺譚』しか登録してないので、お許しを。



横向き。
121227_6.png

おお、これは見やすい。
上の横向き画像はピンチアウト(拡大)していない状態です。
これならスタンドに立てかけて読むことも可能ですね。



しかし、これはあくまでWi-Fi接続環境にあり、ネットにアクセスできることが条件になっています。
では保存してオフラインで読むにはどうしたら?

てなわけで、とりあえず縦書きPDFをダウンロードしてみます。
ダウンロード自体は普通に出来ます。どこにファイルが保存されるのか分かりませんが(あかんやん)。
私はダウンロード完了通知から飛びました。完了した瞬間にしか使えない、一発勝負です。
さあ、張り切って開いてみましょう!



……おや?
121227_7.png

真っ白……。

気を取り直して、ページを繰ってみます。



本来なら本文1話目に当たる部分。
121227_8.png

…………。



読めないみたいです(号泣)。
ちなみにPCでダウンロードしたpdfファイルをKindleに送っても(私はDropboxを使ってます)、同様に見られません。PCではちゃんと表示されるのに。

おそらく、それ用のアプリを入れたら表示されるんでしょう。
けどあんまり詳しくないので、もうちょっと調べてみます。



そういえば、Kindleでは「えあ草紙」さんも表示されません。ぐぬぬ。
原因はKindleがFlash Playerに対応してないから(ニコニコ動画とかも見れないらしい)。
個人的にえあ草紙さんの表示が一番読みやすくて好きなので、KindleにはぜひFlash Player対応してもらいたいものです。



でもまあ、もともとは電子書籍専用端末なわけでして、ネット閲覧はおまけみたいなもんですし、多くを求めすぎるのが酷というもの。
仕事のスケジュール管理もして常時メールチェックして動画もサクサク見てスカイプで通話し放題……という方にはおすすめできないかも。そういう方は普通のタブレットやスマホ+Kindleアプリが向いてるんでしょう。
私は出先でも小説や青空文庫が読めて、ついでにちょっとネットできれば御の字というタイプなので、十分満足していますが。



てなわけで、私個人の感想としては、Kindle Fire HDを買ってよかったです。
これからいろいろ使ってみようと思います♪

2012/12/25

お久しぶりです&Kindle Fire HD購入レポート(一般使用編)

ものっそ放置しまくりで済みません;
ふと気づけば小説(SS除く)を書かなくなって一年経ってしまったことに気づき、愕然としております……。
一応プランは水面下で練っているので、来年こそは始動したいなあーと考えています。



前置きが長くなりましたが、とうとうKindle Fire HDを買ってしまいました!

最初はpaperwhiteで十分だと考えてたんですが、色々あってハイエンドモデルのFire HD・32GBにしました。
詳しいレビューや開梱レポは他の方々にまかせるとして、私はネット小説の閲覧に特化したレポートを書いてみたいと思います。

とかなんとか偉そうに書きましたが、ネット小説閲覧の環境がまだ整ってないので、取り急ぎ普通のレポートをば(意味ねえ)。



皆さんご存じでしょうが、外見はこんなんです↓

他のタブレットを触ったことがないので比較は出来ませんが、予想以上に薄くて小さいです。
でも片手で長時間持つのは辛いかも。

まずは電子書籍リーダーとしての実力を拝見。
上にあるスライドバーから「お買い物」を選ぶと、Kindleストアに飛びます。
言い忘れましたが、Wi-Fi環境が必要なので要注意。
接続速度は、ちょっぱやではないもののストレスを感じるほど遅くもない。まあ普通です。
電子書籍の品揃えは良い方だと思いますが、自分の欲しい本はあんまりなかったです……。
個人的な感想としては、万人向けするベストセラー&比較的若い世代向けの作家(伊坂幸太郎とか冲方丁とか)&大御所の名作が多め。でもラインナップにはまだまだムラがあります。



そんな中、引っ越しの際に手放してしまった京極夏彦の『巷説百物語』を見つけたので、買ってみました。
購入画面はこんな感じ。
121225_1.png
画像小さくて失礼。

ぶっちゃけ、値段はそれほど安くないです。
この本に関しては文庫版とは40円しか差がない。でもまあ、購入してすぐ読めるという利点は大きいですね。



購入した小説の本文画面はこちら。
121225_2.png

……ちっちゃすぎ! 読めねえ!
本文を一部切り取ってみました。実際はもっと小さく表示されますが。
121225_2_2.png

かなり綺麗です。フォントもすごくなめらか~。



青空文庫もたくさん揃っています。
「無料本」コーナーから選びます。
とりあえず、永井荷風の『墨東綺譚』を。
121225_3.png

有料電子書籍のラインナップが揃うまでは、しばらく青空のお世話になりそうです。



ついでに漫画も購入しました。
同じく行方不明になった、沙村広明の『おひっこし』。
121225_4.png
個人的には『涙のランチョン日記』の方がお気に入り。

書き込みの多い沙村氏の絵でも、かなり綺麗に表示されてます。
もう少しスッキリした絵柄の漫画なら、よりくっきり見えることでしょう。



おまけ。
Twitterの入力画面。
スマホに比べてキーボードが大きくて使いやすいw
121225_5.png



音楽再生も本格的。
121225_6.png

これはitunes store経由で購入した楽曲ですが(拡張子はm4a)、問題なく再生されます。
音もいいですよ。スピーカーと向き合うようにしないと(=裏返し)本領発揮されませんが。


そんなわけで、Kindle Fire HDの使用レポートでした。
次回はサイト閲覧&ネット小説閲覧についてレポしたいと思います。

ホーム

Home

 

カレンダー

08 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。