Bloom of Hedge

自作小説の更新雑記や読書感想・日常メモなど。 拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」を押して下さい。

2009/10/13

『R.I.P.』新作SS・後編更新

『R.I.P.』の新作SS、『復活の代償』後編をアップしました。

いきなり頭からアレな状況になってて恐縮です。
なんだろう……。エロでもないし、お色気(古)でもないし……。
あえて言うなら「ヒワイ」でしょうかね(えー)。
物理的に考えてふたり同時は無理、というのは皆さまの心の中だけに留めておいてくださいね。

最近羽柴のカッコ悪いところばかり書いているので(『R.I.P.2』含む)、たまにはヒーローっぽいことをやらせてみました。
あー、やっと刑事ものらしくなったわー(笑)。



以下、拍手コメントにていただいた誤字指摘について返信です。


>10/12・12時にコメントいただいた方
誤字のご指摘、ありがとうございました!
あらためて該当語句の意味を調べなおしましたら、こういうふうに出てきました。

しん‐こく【親告】
[名](スル)
1 本人がみずから告げること。
2 被害者が告訴すること。

しん‐こく【申告】
[名](スル)
1 申し告げること。「選手の交替を―する」
2 国民が法律上の義務として、官庁などに一定の事実を申し出ること。「一時所得として―する」「確定―」
[ 大辞泉 提供:yahoo!辞書 ]




この場合、「親告」の(2)の意味で合っているように思われるのですが、ネットで検索しても「親告する」という言い回しはあまり見られなかったので、別の表現に書き換えました。

前)
 著作権法は民法であり、警察が介入すべき事項ではない。しかも、侵害された側からの親告がなければ、民法ですら裁くことができない。司法警察官である秀明たちが、今ここで手出しすることはできないのだ。


後)
 盗作を公的に罰するには、被害者が著作権侵害として民事訴訟を起こすか、刑事告訴を受けた捜査機関が捜査するかになる。どちらにせよ、いくらここで盗作の事実が判明したとしても、被害者の訴えがなければ警察は動くことができない。




正直に言うと、このくだりは自分でも内容に自信がなかったので、書き直すよいきっかけになったと思います。
ご指摘、本当にありがとうございました!

≪ ストップ! 絵里衣さんホーム『R.I.P.』新作SS更新 ≫

Home

 

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

絵里衣

Author:絵里衣
オリジナル小説書き。
花魁・女刑事・昭和初期・ヴィクトリア朝などをこよなく愛す。

管理人サイト 『籬の花』
籬の花

Twitter

拍手&コメント返信

拍手お礼・コメントレスは「続きを読む」の先にあります。
ご覧になる方はリンクを押して下さい。
※小説の内容に言及している場合があります。ご了承ください。

検索

カテゴリー

最新記事

シンプルアーカイブ

RSSフィード

管理者ページ